2017年7月4日火曜日

.NEXT 2017 開催、たくさんの「New」が発表されました(その2)

.NEXT 2017で発表された「New」な内容をご紹介しています。
Newがかなり多いので、後半戦はこちらのページで紹介します。

1Node and 2Node ソリューション
Nutanixは、cassandraとzookeeperを利用しているため、基本最小ノードが奇数である必要があり、冗長性を考え3台が最小台数と定められています。しかし今回、1ノードはわかりますが、2ノードソリューションというSMBな市場にはかなり嬉しい発表がありました。1ノードソリューションは、すでに発売が見えているような感じでしたが、2ノードでの稼働はちょっと謎ですが、すごく期待のできる発表です。

OneClick Operation from PRISM
これは、PRISM Centralの展開がワンクリックできるようになったことを示しています。従来は、VAの展開やPRISM Central用のクラスターを手動で作成するなどかなり面倒な処理があったのですが、この辺もすべてマウス操作だけでできるようになりました。
(個人的にはかなり歓迎すべき機能だと思います)


On Demand Scale Out, 1:1000s of VMs
これは、PRISM PROの簡易にデプロイとスケールアウトを意味しているようにに思います。PRISM PROは今までCluster作成などのかなりCLIを利用した面倒な構築作業が必要でしたが、AOS5.1からは1クリックでの展開ができるようになっています。Prism Centralが従来1台のVAでのみ稼働できる仕様だったものが、クラスターメンバーとして複数のPrism CentralのVAを束ねてより多くの仮想マシンの管理や冗長構成が組めるようになったことも特徴的な点です。
また、1台のPrism Pro VAで1000台のVMが管理可能であると発表されました。


One Click Network
これは、ネットワークの可視化を示しています。AOS5.0から、LLDPとSNMPを使ったスイッチポートの情報やトラフィック情報をPRISMの画面から表示し、状態を見ることができます。


Automatic Action on the cluster clean up and dead VM
従来のプライベートクラウドでは、オートメーションデプロイは可能であっても、負荷分量に応じたオートスケールを実現するのは困難でした。
それが、オンプミスのNutanixで実現できるという、すごく魅力的な話です。

Nutanix Calm
まさに、このオートスケールを、クラウド、オンプレの隔てなく行えるのが、このnew calmなのです!
Prismにインテグレードされた形で、登場しました。あのcalmの操作性はそのままに、Prism内でシームレスに操作できるのは非常に魅力的です。



One Click Controll Panel
これは、Carmの画面が、Prismに取り込まれ、Prism Centralから直接操作できることを表しています。

Dynamic Alerting
これは、よくわからないのですが、動的になんらかのアラートが表示されるという意味なのでしょうか...。
2017/7/6更新
これは、Prism Centralで搭載された監視機能をさらに強化し、機械学習によって動的な閾値を設定してくれる機能とのことです。
確かにスライドの絵を見ると、グラフの点線が従来の固定閾値から動的な閾値に変わっているのがわかります。
@shmzaさん、情報ありがとうございます!




One Click Hybrid Network
これは、クラウドとオンプレを1つのネットワークとして扱うということのようですが、どうやって実装されるのかは、全くもって謎です...。
2017/7/6追記
このネットワーク延伸は、マークが見えている通り、サードパーティー(aviatrix)の力を借りて実現するようです。


1Click MicroSegmentation
これは、NSXでもおなじみのマイクロセグメンテーションです。ついにNutanix上にも実装されるようです。


Xi(ザイ)
これは、Nutanixが提供するクラウドサービスです。
Nutanixと連携して、シームレスなDRサービスを提供します。あくまでもIaaSではなく、NutanixのDR先の1つとして選択できるだけであり、メインのNutanixありきのサービスです。
言うなれば、このサービスはiPhoneにおけるiCloudのようなサービスの位置付けです。
iPhoneを買えば、iCloudをつかったクラウドの利便性を享受できます。ただ、主役はあくまでもiPhoneであり、iCloudは独立した一つのサービスではないということです。


Xiは、IaaSサービスではなくあくまでも既存のNutanixユーザーにDRの選択肢を与える一つに過ぎた無いことを、iCloudを例に紹介。


たくさんの Newがでてきましたので、わかる範囲ですが、簡単にまとめてみました。

Nutanixは、進化を続ける企業で有り、HCIの基本である小さくくはじめて大きく伸ばす小さいところと大きいところに対してきちんとアプローチ手法を出してきた内容であったかと思います。ただのHCIという言葉だけではなく、できあがった基盤にもNutanixは最適であると同時にNutanixをこれから入れる最初に一歩にもNutanixが最適な解であることを証明できた内容であったかと思います。




.NEXT 2017 開催、たくさんの「New」が発表されました(その1)

現地時間6/28日から、アメリカワシントンD.C.において、Nutanix主催のイベント「.NEXT 2017」が開催されました。
3日間に渡るイベントで、NutanixのこれからやNutanixの新機能などが一堂に発表されるまさにNutanixだらけのお祭りカンファレンスです。
今回は、この.NEXTで発表されたNutanixの「New」な機能を紹介していきます。

GCP対応
これは大きな発表でした。NutanixはすでにAWSやAzureとの連携機能を提供していますが、そのレベルの話ではなく、Nutanix上でTensorFlowをどうさせたりとかなり深い提携事項が発表されました。


HPE on Nutanix
ついに、DL380 G9で、Nutanixが動作するということが発表されました。
以前からHPE on Nutanixは、声明はすでに出ていましたが、ついに現実的にモデル情報なども出てきました。

1Click ESXi→AHV Migration (VM Xtract)
これは、なんなんでしょうね。
以前から、NutanixクラスターのESXiからAHVへのマイグレーションは、1クリックで可能でした。 VM Extractという機能が発表されていますので、Nutanix以外の外部のESXi基盤の仮想マシンをAHVに取り込む機能のかもしれません。

1Click DB Migration (DB Xtract)
これは、以前にSQL Server MobilityといわれていたSQL Serverのマイグレーションツールです。SQL ServerのDBをほぼ無停止(完全無停止ではない)で、DB内容を移行できるツールです。(Nutanixは、プラットフォームだけではなくこういった上物のアプリケーションプラットフォームも動かすツールをリリースするのはさすがソフトウェアの会社だと思います)

Encrypt natively and manage keys locally
いままで、Nutanixにおけるディスクの暗号化は、証明書サーバーやKMSサーバーの準備など複雑なコンポーネントが必要でした。しかし、次のバージョンではローカルでのデーター暗号化機能が付与されるようです。


NX-9030リリース
今まで9000シリーズはオールフラッシュモデルとして存在しておりましたが2016年の夏に1000シリーズや3000シリーズなどすべてのモデルでAllFlashモデルが発売になったため、9000シリーズは終息となりました。しかし今回、NVMeの搭載や40Gネットワークを搭載したハイエンド機として、NX-9030シリーズが発売されるようです。


AHV Turboモード
こちらは、AHVにおけるqemuのIOを部分を改良した(切り離した)機能となります。これにより、AHVにおけるIOが爆速になったことが発表されています。



1Click DataProtection (1RPO)
これは、Nutanixのスナップショット機能が、従来1時間に1回だったのが、1分単位でスナップショットの取得が可能になったというかなり画期的な機能追加です

▼実際に1時間未満のバックアップデモが行われた

▼15秒おきのバックアップができている



BOSH-CPI対応
VMwareが開発し、現在はCloud Foundry Foundationからリリースされている分散構成管理ツールに対応


TensorFlow対応
Googleが出している機械学習エンジンであるTensorFlowにネイティブに対応するようです。また、vGPUの演算モードでの動作もサポートされることが発表されました。


ACS(Acropollis Container Service)
これは、AOS5.1でリリースされた、コンテナサービスの強化を意味していると思われます。Prism画面から直接コンテナの展開や永続ストレージの割り当てが可能になります。

AFS(Acropollis File Service)、NFSサポート
個人的にはこれを待っていました。AFSとは、Nutanixのストージを大きなファイルサーバーにしてしまう機能です。従来CIFS(SMB)のみの対応でしたが、ついにNFSがサポートされることになります。

IBM Power サポート
これも大きい発表でした。以前よりニュースリリースされていましたが、IBMのUnix機であるPowerでNutanixを動作させることが可能となりました。ハイパーバイザーはAHVのみとなりますが、Unixの安定性と高度なCPUを利用してNutanixのスケーラブルかつシンプルな管理を体験できるのは大変大きなことであり、ユーザーの選択の自由を増すと思います。



Enterprise Cloud and Cognative Workload
これは、SplunkやDBなどの各種ワークロードが動作できると言っているようですが、詳細は謎です。ただ、Nutanixは、クリティカルなワークロードにおいてもベストなパフォーマンスを出せることが事実で有り、より複雑なワークロードを認識しつつ最適なパフォーマンスを与えていくと言うことのように思われます。


まだまだNewはありますが、後半に続きます...。




2017年6月3日土曜日

Xpress(SX)モデルの紹介

Nutanixには、小規模向けのモデルとしてXpressモデルがあります。
Xpressモデルは、Nutanixのアーキテクチャーはそのままに、一部の制約を入れることで、Nutanixをより手軽に使っていただける製品です。

まずは、モデルの概要から紹介します。

2U4ノードはそのままに、Nutanixのソフトウェアが、Xpress Editionといわれる、従来のNXシリーズと異なるソフトウェアが提供されます。また、保守が24時間365日オンサイト保守である「Mission Critical」保守が提供されず、Productionサポート(平日サポート)とXpress SupportといわれるXpressモデル専用の保守が提供されます。ただし、Xpressサポートは日本では提供されず、Productionサポートのみが提供されることとなります。

保守についても一応確認しておきましょう

CategoryXpress ※2ProductionMission Critical
サポート受付時間7x24 ※17x24 ※17x24
パーツ交換時間
(故障箇所特定後)
翌営業日翌営業日4時間以内
レスポンスタイム4時間以内2時間以内1時間以内
連絡対応者制限
(情シス担当者から連絡を
受ける際の担当者の制限)
4人無制限無制限
部品交換時の作業顧客交換保守に付随保守に付随
電話サポート可能可能可能
※1 ただし、Xpress/Productionのサポート受付は、夜間・祝日・休日などの営業時間外は英語での対応
※2 Xpressサポートは、日本では提供されていません。

SXには、購入できる企業に制限があります。
●500人以下の従業員規模の会社であること
●年間売上高110億円($100M)未満であること($1=110円と計算)

そのほかに以下のような制限があります。
●1社2クラスターまで(1クラスター4ノードで2ブロックまで)
●HDDとSSDのハイブリッドモデルのみの提供
 (AllFlashモデルは未提供)

1つめの1クラスター4ノードというのは、Nutanixのメリットである無限に拡張できるという良さがなくなっている感はありますが、中小規模の顧客の場合、集約率が高いNutanixの場合、4ノードもあれば十分なケースも多々あります。
2クラスターまでと言うのは、例えば本社にメインクラスターを置き、支社にもう1台Nutanixを置いて、DRを行う場合などに利用できます。

機能的な制約としては以下の点が上げられます。
×複数サイトのDR構成不可(1対1は可能)
×SXモデルとNXモデルの混在クラスター(ヘトロジニアスクラスター)
×5台以上のノード構成でのクラスター
×RF3
×ブロックアウェアネス
×イレイジャーコーディング
×PRISM PRO

1クラスター4ノードまでですので、ブロックアウェアネスのように最大3シャーシ(ブロック)が必要な機能は利用不可ですね。またRF3も5ノード以上が必要になるので利用できません。


逆に利用できる機能は
圧縮・重複排除
複数世代のストレージスナップショット
AWS/Azuereへのネイティブバックアップ
マルチハイパーバイザー(AHV/ESXi/Hyper-V)
メトロ アベイラビリティ
シングルサイトDR

とくにクラウドバックアップなどは、中小企業では欲しい機能ですが、Xpressモデルであれば、最初から利用することができます。(通常のNXモデルでは、PROライセンス以上が必要となります)
このあたりは、Xpressモデルのお得感が出ています。

もちろんXpressモデルのスペックは、自由の構成することができます。
CPUやメモリー、SSD/HDDも自由にカスタマイズすることができますので、自社にあった基盤を手に入れることが可能です。

このXpressモデルは、SMB市場に向けたもので、ROBO用ではないというのがポイントです。SMBというのは、Small Business / Medium Businessの略で中小企業のことを指します。一方、ROBOは、Remote Office /Branch Officeの略で、本社に対しての拠点(支店)という扱いになります。
このSXモデルは、購入できる企業の売り上げ規模に制限がありますが、これは、大企業の支店に設置するモデルではなく、明確に中小企業で利用されることを目的とした製品だからです。







Nutanixにかんするウワサを検証その1

Nutanixは、ハイパーコンバージドの先駆けですが、Nutanixに関する様々ウワサを耳にすることがあります。
そのウワサが本当がそれとも間違いなのかを見ていきましょう。


ウワサ1
Nutanixは、2U4ノードの4台ずつのセットでしか買えない。4の倍数になってしまうので、無駄な投資が発生する。

真相
ウソ

これはあるある勘違いですね。Nutanix純正モデルは、2U4ノードのモデルであっても、1ノードずつ購入することができます。ブレードサーバーのようにシャーシを購入し、そこの1ノードずつ足していくことができます。では、5ノードめを購入する場合はというと、シャーシに1ノードだけ搭載されたものを購入できるので、不要なノード分までを購入する必要はありません。まさに、クラウドのようなPay as you goの形で必要なリソース分だけを手配(投資)する形になります。
また、1U1ノードや2U1ノードのモデルもありますので、2U4ノードにこだわらず、環境にあったモデルを選択することができます。DELLやLenovoのOEMモデルでの2U4ノードモデルでは、4ノードセットでないと手配できないモデルがありますので、こちらは注意が必要です。


ウワサ2
Nutanixは、200Vが必須なので、古い建物などでは200Vが引けないので利用することができない。また電源が非冗長なので、PSUが壊れたら、全ノードが落ちる。

真相
ウソ

これも、明確なウソですね。Nutanixは100Vで運用可能です。
ただし100V電源で2U4ノードのモデルを利用した場合、4ノードのサーバーをすべてパワーオンすると、PSU(パワーサプライユニットつまり電源)の供給能力的に非冗長な状態となり、どちらかのPSUが故障するとノードの電源供給が滞る可能性があります。200Vの場合は1つのPSUで4ノードの電源をカバーできますので、4ノードをすべて電源を投入しても電源が非冗長になることはありません。
では、100Vにおいて電源非冗長にしない構成はできるのでしょうか。
これには2つの手法があります。
1つめは、2U4ノードモデルの場合、1シャーシに2ノードを搭載し、シャーシを分けることで、100V電源でも電源冗長化された状態で運用することができます。
2つめは、NX-3175-G5などの1U1ノードモデル、NX6035-G5などの2U2ノードモデルを採用すると、100V電源でも冗長化された状態で運用可能です。
ただ、古い建物であっても200Vの電源を引くことはそんなに難しいことではありません。ビルの管理会社または電気工事会社に相談をすれば、簡単に工事してもらえるケースがほとんどです。


ウワサ3
1度Nutanixを買うと、ノード拡張が簡単にできるといっているが、同一モデルの同一スペックを買わないといけないが、intelのCPUで新しいモデルが出ると、旧モデルは、製造終了されるので事実上、数年たった後のノード追加は不可能。

真相
ウソ

これも、間違いです。まず、Nutanixの良さは、異機種混合が可能というところです。
例えば、NX-1065-G4の4ノードモデルを購入後、2年後にノード追加の必要が出た場合、NX-1065-G5を1ノード購入し、既存のNutanixクラスターに追加することができます。
ノード追加ができないケースとしては、2015年にNX-1065-G4を3ノード購入し、2年後に1065-G4の追加ノードとして、1065-G4を1ノードだけ手配しようとしても、1065-G4モデルは製造終了しているため、この場合は、1065-G5のシャーシと1065G5のノードを1ノードだけ手配する必要があります。
ブレードサーバーと違い、シャーシは、モデルと世代ごとに変わるため、1シャーシの中に異機種混合はできないということになります。
同一モデルであれば、シャーシ内でスペックを違うノードをシャーシ入れることは可能です。1ノードはメモリーが256GBで、あとノードは512GBで構成ということも可能です。


ウワサ4
Nutanixは、3ノードからしか購入できないので、小規模環境には不向きだ。他社のHCI製品は2ノードからスタートできるのでそちらの方が小規模に適している。

真相
ウソ

Nutanixは、3ノードからのスタートであることには違いがありません。
これは、分散型ストレージである以上、多数決の原理によりクラスターの状態を把握するためです。では、他社のHCIはどうかというと、2ノードで構成できる製品の場合、クォーラム用ノードやWitnessノードなど、HCIの筐体と別に監視用のサーバーが必要なケースがありますので、結果3台のサーバーが必要になってしまうことがあります。(分散ストレージである以上、スプリッドブレインになった際には、多数決がとれることが必要になるからです)こうなると結果3ノードになってしまいます。管理サーバーとして1台のサーバーを用意するよりも3台のリソースを活用する方が、有効的だと思います。
また、Nutanixには、小規模向けとしてXpressモデル(SXシリーズ)が提供されています。こちらは、購入には条件がありますが、条件を満たせれば非常に安価に購入できます。Nutanixは、小規模のには向かないというのは間違いです。

小規模向けお買い得モデルの青い筐体、Xpress(SX)


ウワサ5
Nutanix上でVMware vSphere(ESXi)を利用する場合、ストレージ機能はvSANを利用している。

真相
ウソ

これは真っ赤なウソですね。正直どこからこういう話しになったのかがわからないぐらい不思議なのですが...。
Nutanixは、Nutanixが開発したファイルシステムやストレージアーキテクチャーを、vSphere(ESXi)、Hyper-V、AHV、Xen Serverで提供しています。ハイパーバイザーごとにストレージ機能のアーキテクチャーが変わることはありません。


さて、今回は5つのウワサを検証してみました。
どれもウソという結果になりましたが、Nutanixに関するホントのウワサも募集していますので、え、ホント?と思うようなNutanixの噂を聞いたら是非教えてください。




2017年5月27日土曜日

Windows Server 2008(32bit版)を仮想マシンとしてAHVにインストールする その2

さて、OSのインストールも無事におわり、なんだSCSIドライバーだけ入れればよいのかと思われた方も多いかと思います。
第一の壁は確かにそうなのですが、第2の壁があります...。
それは、NICドライバーです。

実際の画面を見ると、イーサネットコントローラーが見えていないことがわかります。

いつものように、Nutanixから提供されるVirtIOドライバーから、Windows Server 2008 R2フォルダは以下のx86を選択し、ドライバーをインストールしてみます。


ドライバーの検証でメッセージが表示されますが、インストールを継続します。

しかし、実際にはドライバーのインストールに失敗してしまいます。


そもそも、Windows Server 2008は、Windows Vistaベースで作成されており、VirtIO Driverで提供されているドライバーであるWindows Server 2008 R2 x86は、おそらくWindows 7の32bit版をベースに作成されているのだと思われます。
そのため、OSが提供されているドライバーよりも古いのでうまく動作しない可能性が高いと思われます。

仮想マシンでNICがないとなると、実際の話使い物にならないので、なんとかしてNICドライバーを用意しなければなりません。

ここで頼るのは、RedhatベースのVirtIOドライバーです。

Windows Virtio Drivers
https://fedoraproject.org/wiki/Windows_Virtio_Drivers

Fedoraプロジェクトから最新版のドライバーを取得します。

ダウンロードしたドライバーを、Image Serviceに登録します。


Image Serviceに登録後、Windows Server 2008に先ほどアップロードしたVirt IO Driverをマウントさせます。

マウント後、再度NICドライバーのインストールを行います。
参照先ですが、「NetKVM\2k8\x86」になります。

同じようにドライバーが未検証だといわれますが、インストールを継続します。


これで、めでたくNICドライバーのインストールが完了しました。


NICの名称にRedhatという名称がついていることがわかります。


あともう一つ不明なデバイスがあります。
こちらは、Baloon Driverをインストールすることで解消します。

VirtIOドライバーもFedoraから提供されたものを利用します。


また、同じようにドライバーの検証の確認が出ますが、継続してインストールを行います。


これで、baloonドライバーもインストールが完了です。
不明なデバイスもなくなりきれいな状態になりました。


さて、これでWindows Server 2008が利用できる状態になりましたが、残念ながらNutanix Guest Toolsはサポートしていないようでインストールができません。


そのため、静止点を確保したスナップショット取得などができない点は注意が必要です。



Windows Server 2008(32bit版)を仮想マシンとしてAHVにインストールする その1

vSphereを利用していると、旧来の資産であるレガシーなOSを容易に動作させることができ、過去のサーバーをそのまま稼働し続けているけているケースがよくあります。

AHVは、正式にサポートされているWindows OSは、2008 R2からとなり、Windows Server 2008は、サポート対象ではありません。
ただ、現行まだサポート期間のあるOSであることと、最後の32bit OSのサーバーであることから、一部ではまだ利用されている状況に遭遇します。

今日は、Nutanix的には非サポートですが、Windows Server 2008をインストールする方法を紹介したます。

今回稼働させる環境は以下の通りです。

AOS5.1.0.1
AHV20160925.3

まずは、Image ServiceにWindows Server 2008のISOイメージをアップロードします。


イメージをアップロードから、ISOをアップロードします。


Uploadするイメージの名称を作成し、ISOイメージを参照から選択し、保存をクリックします。


あとはアップロードが完了するまで待ちます。


同じ手順で、Nutanixから提供されるVirtIO DriverもImage Serviceにアップロードをしておきます。
VirtIO Driverは、Nutanix Supportポータルからダウンロードできます。


アップロード完了後、仮想マシンを作成します。
ここで、注意点は仮想ディスクをIDE/SATAではなく「SCSI」で作成します。

また、CDROMドライブには先ほどアップロードした、Windows Server 2008のISOイメージを選択します。


また、NICも忘れずに作成しておきましょう。
(Create NICからNICを追加できます)

仮想マシンの構成が終わったら、Saveをクリックし、仮想マシンを作成します。


仮想マシンをPowerOnすると、Windows 2008 Serverのインストーラーが起動します。

さっそくインストールを始めましょう。ウィザードに従って進めていきます。

セットアップを継続していきます。



カスタムでインストールを行います。

さてここで、仮想ディスクが見えず、インストール先がないことがわかります。
ここで、VirtIO Driverを読み込みます。

まずは、Prismから仮想マシンを選択し、「Update」をクリックしISOをWindows ServerのISOから、VirtIOドライバーに変更します。


続いて、VirtIO Driverをマウントします。


続けて、Saveで仮想マシンを保存します。

Windows Serverの仮想マシンコンソール画面に行き「ドライバーの参照」をクリックします。
続けて、参照から先ほどマウントしたVirtIO Driverからドライバを参照します。


CDROMドライブの「Windows Server 2008 R2」フォルダの配下に「x86」フォルダがありますので、それを選択します。(本来Windows Server 2008 R2にはx86版は存在しないのですが・・・)

すると、ドライバーが3つほど表示されます。
ここで「Nutanix VirtIO SCSI pass-through controller」を選択し、次へをクリックします。


ドライバーの読み込みを行います。

これで、HDDが見えるようになりました。

と、ここで次へをクリックしてはいけません。
Windows SrervrのISOに戻す必要がありますので、Prism画面に戻り、仮想マシンのUpdateから、ISOを再度変更します。

仮想マシンを保存後、コンソール画面に戻り、次へをクリックします。

そうすると、見事にWindows Serverのインストールが進み始めます。
これでめでたしめでたしといいたのですが、まだこれで終わりではありません。
OSインストール後の注意点は、次回の回にお伝えしたいと思います。